TOP

規格外の風俗嬢が以外にも良いと思った時の体験談と理由を綴ってます。

大宮のソープで微乳の子を指名する理由

自宅から少し離れた大宮のソープを利用するときは、基本的に微乳の子を指名しています。男であれば微乳よりも巨乳の方が良いだろうって思うかもしれません。確かに巨乳に方がいろんな楽しみが待っているとは思うんですけど、それでも自分は微乳の方が好きなんです。
自分が微乳が好きな理由は、今まで付き合った彼女が全員微乳なので、そちらの方が慣れているんですよ(笑)昔を思い出す部分もありますよね。だから微乳の方が燃えるんです。時には巨乳と楽しみたいって思うこともあるんですけど、微乳の方が肉体的な部分だけじゃなくて精神的な部分でぐっとくるものがあるんですよ(笑)こればかりは自分の生い立ちが関係しているようなものなので仕方ないんじゃないかなと。
それに、今の妻はそこそこ胸が大きいので、余計微乳の方がそそられるんですよね。控えめなバストの方がそそられるというか、それに微乳のソープ嬢ってスレンダーな子が多いですよね。ウエストとかも引き締まっているので、個人的にはそちらの方が好みかなって。

生々しい言葉を放つソープ嬢でした

大宮で少し変わったソープ嬢と楽しんできましたが、とにかく生々しいのが特徴というか、彼女の武器なんですかね。私生活のことをかなり喋ってくれたんですけど、それらがかなり生々しいんですよ。物凄く美人のソープ嬢なのに中学時代の初体験のこととか、自慰もしているとか最近のオナニーグッズのこととか。彼女自信、相当欲求不満なんじゃないのかなって思いましたね。それくらい彼女の言葉には性への何かしらの強い思いのようなものを感じさせました。
でも不思議なもので、そういった言葉を聞けば聞くほどこっちのモチベーションは高くなるんですよね(笑)その言葉を聞くとこっちのイマジネーションが働くじゃないですか。するとモチベーションも勝手に高まってきて。そしてもっともっとって気持ちになってその思いを彼女に充てていくんです。そして彼女も欲求不満なのか自分のことを受け入れてくれてがっつりと楽しんで。
結局何から何まで夢心地のような時間をソープで満喫することが出来て相当な満足感となりましたね。